プチ豊胸はどれくらい持続できるのか?

豊胸には興味があるけれど、手術はなかなかできないという人でもチャレンジしやすいのがプチ豊胸です。
これはヒアルロン酸を使って行う手術法で、短時間でバストサイズを変える事ができるというのが大きなメリットと言えます。
ただ、ヒアルロン酸自体は体内に吸収されてしまう為、ずっと同じ状態を持続する事ができません。
では、プチ豊胸の持続時間は一体どれくらいでしょうか。
小さくなってきたと感じたら再注入すれば良いでしょう。

その人の体質や元々のバストのサイズなどでも違いはありますが、多くの人は3か月から1年程が持続時間となっています。
ただ、それまではハリがあるバストのサイズで、その日を境に急に小さくなってしまうという訳ではありません。
ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていく成分で、変化を感じる人は術後1か月経過した頃から何かサイズが小さくなってきたと感じてしまう人もいる程です。
また、大体2年程経過すれば、既に注入前の状態にバストサイズは戻っています
従って、ヒアルロン酸を注入した状態をある程度感じられるのが3か月から1年程度だと考えておく方が無難です。
ただ、この方法の大きなメリットは、何度でも注入できるという事です。
だから少ししぼんできたと感じたら、再び注入すればそこからまた効果を持続させる事は可能となります。

また技術は進歩し続けている為、現在では従来の物に比べてはるかに吸収率が低下しているヒアルロン酸の開発も進んでいます。
これを利用すればプチ豊胸の効果の持続時間は大幅にアップし、大体10年程度は注入した時に近い状態を維持する事も夢ではありません。
さらに注入か所が正しければ、従来のヒアルロン酸でも簡単に吸収されてしまう事はなく、できるだけ体内に残らせておく事も可能です。
従って、プチ豊胸の結果をいつまでも持続していたいと考えるのであれば、クリニック選びはとても慎重に行う必要があります。
そこで使っているヒアルロン酸はどういうタイプなのか、医師の技術は確かな物なのか、しっかりと調べてなるべく注入後のきれいな状態が持続できる様にしましょう。

基本的にはどんなバストサイズに対しても対応は可能な方法ですが、ヒアルロン酸は固体ではなく液体です。
従って大量に注入すると少量注入した時に比べて流れ出やすくなってしまいます。
その為、少量注入した時に比べると比較的短期間にバストサイズが変化してしまう事も少なくありません。
正しくプチ豊胸する為にも、信頼できる病院でしっかりと相談してから施術を受けましょう