ヒアルロン酸の成分はどんなものが入っているの?

注射を用いる豊胸術はプチ豊胸として人気となっていますよね。メスを使わずに済みますので、「皮膚を切るのはちょっと怖い・・」という方でも安心して受けられるのではないでしょうか。

プチ豊胸の際にはヒアルロン酸を注入する事が多いようですが、そもそもどのような成分なのでしょうか。
ヒアルロン酸というのは人間の身体に元々存在している成分ですが、ムコ多糖類の一つです。非常に水分を保持する力が強い成分ですので、体内の保水をする為の重要な役割を担っています。僅か1グラムで水を6リットルも保水できると言われていますので、いかに優れた成分なのかが分かりますよね。

主な作用

  • 肌の保湿性及び粘弾性の維持
  • 肌のシワやたるみの予防
  • 関節軟骨機能の維持
  • 眼精疲労の改善
  • 体内の細胞を活性化し、栄養素の運搬など

このような働きをする成分という事もあり、人間として機能する為にも必要不可欠な存在ですが、それゆえに安全性が高く、プチ豊胸の際にも用いられているのです。

プチ豊胸にヒアルロン酸を用いるのは安全性が高いというのが理由の一つですが、その他にも使い勝手が良いという理由もあるようです。前述したようにムコ多糖類の一つですが、ムコ多糖類というのはねばねばしている性質があります。粘弾性が高いという事は定着させるのも容易という事ですので、理想的なバストを作る為にも役立ってくれるのです。

例えばバストの全体に注入し、全体からボリュームをアップさせる事もできれば、谷間だけに注入して深い谷間を作るという事も可能です。その他にもデコルテのアップやサイドのボリュームを出したいなどの際にも利用できる成分ですので、女性のわがままを叶える為にも打って付けと言えます。

気になるのが注入した後にはどのようにキープされるのかという事ですが、非常に生体親和性の良い成分ですので体内に吸収される事になります。安全性の高い成分ですので吸収されるのは全く問題ないとされていますが、ただ吸収されるという事はバストサイズが小さくなるという事でもありますので、その点は残念かもしれませんね。一定期間が経過する事によってサイズが元に戻ってしまう訳ですので、サイズを維持したい時には定期的に施術を受けなければいけないのです。

しかしながらもし形が気に入らない時でも、一定時間経過する事によって元のバストに戻りますので、安心感にも繋がるのではないでしょうか。

参考:ヒアルロン酸 – Wikipedia