プチ豊胸最大の魅力!それは費用面の負担が少ないこと!

豊胸手術というとバッグを胸に入れるバッグ挿入法が主流となっており、海外での場合は豊胸手術というとこの方法が多いです。
日本の場合は豊胸手術というと、このバッグ挿入法以外にも自然な仕上がりになるという事で脂肪注入法が人気があります。
そこに最近人気が出てきている豊胸手術として、プチ豊胸が注目されています。

プチ豊胸というのは従来のように手術を必要とせず、ヒアルロン酸を胸に注入するだけで豊胸する事が出来る方法です。
ヒアルロン酸は美容成分としても有名ですが、元々体内にある成分であるために、安心して注入する事が出来ます。
どうしてこの方法が人気があるのかというと、いくつかの理由があります。

プチ豊胸はリスクが少ない

まず、従来の豊胸手術だと、体に負担がかかる、手術中や術後のリスクがかなりある、といった問題があります。
ヒアルロン酸注入の場合は、注射をするだけなのですぐに施術が終わって、軽い筋肉痛のような痛みが1、2週間程度あるぐらいですぐに日常生活を送れます。

手頃なお値段で豊胸が出来る

また、従来の豊胸手術は金額がかなり高額になり、100万円を超える事も珍しくはないですが、ヒアルロン酸注入の場合は注入するヒアルロン酸の量にもよりますが、高い場合でも大体3、40万円程度の費用となっていて、比較的費用は少なくて済みます。

このように、他の方法と比べて安い事と、身体への負担が少なくて済む事が最大の特徴であり、人気の理由ともなっています。

参考-豊胸手術口コミナビ|人気の美容整形外科を比較

プチ豊胸も良い面ばかりではなく、問題点もある事は理解しておきましょう

まず、注入量がそれほど多くなければあまり問題とはならないのですが、注入量が多くなると固くなってきて違和感が出やすくなります。
それ以外にもあまり注入量が多いと費用が高額になり、バストアップできるサイズは1カップ程度であると考えておいた方が良いです。

また、ヒアルロン酸注入の効果は永続的なものではなく一時的なものであり、時間が経つと徐々に体内に吸収されてサイズが元に戻っていってしまいます。
大体どの程度持つのかというと、色々な要素が絡み合ってくるので単純には言えないですが、平均すると1、2年程度が目安であると言われています。

ただ、持続効果に関しては改善されているヒアルロン酸もあり、平均すると3年程度、最長で6年程度のバストアップ効果も可能となっています。

以上のような特徴があり、安い費用でバストアップしたい、簡単に出来て体に負担があまりかからない方が良いという人にプチ豊胸はおススメの方法です。